タクシー運転手なら給料アップ【応募してみる】

がんばっただけ稼げる仕事

年収800万もめざせる

タクシーのりば

タクシードライバーというと、激務で薄給とのイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。
しかし、タクシードライバーの仕事を始める人は多く、人気がある仕事です。
それはなぜでしょうか。
タクシードライバーの給料は、人によって大きく異なります。
稼ぐ人は稼いでいるのがこの業界です。
タクシー会社に雇用された際の給与は、会社によって多少異なりますが、基本的にはほぼ歩合制で、歩率はだいたい5割から6割に及びます。
つまり利用客をたくさんつかんで稼げば稼ぐだけ、給料も増えていきます。
ある調査によるとタクシードライバーの平均年収は300万程度という結果がでていますが、これはあくまで平均値です。
つまり300万以下の年収しかないドライバーもいる一方で、年収800万を超すドライバーもいるということです。
タクシードライバーの魅力は、がんばっただけ増える給料だけではありません。
基本的にひとりで行う仕事のため、人間関係に悩むということがほとんどありません。
また、客待ちの時間はひとりで自由に過ごすことができます。
疲れているので今日は走らないでおこうということも可能ですし、待ち時間を資格取得のための勉強にあてるといったこともできます。
法人タクシーで長年経験を積んだ後は、個人タクシーのドライバーになるという道もあります。
個人タクシーの運転手となると、車検代やガソリン代などは自分で支払う必要がありますが、お客様からの売り上げがすべて給料となりますので、さらなるアップが期待できます。

会社による違いを調べる

タクシー

タクシー運転手は年齢が高くなっても長く務めることができるので、他業種からの転職を考える人も多くいます。
そんなタクシー運転手の給料は、歩合制が収入の基本となります。
中には固定給に歩合給が上乗せされる形式をとっている所もありますが、完全に固定給だけで給料をもらう会社はほぼ皆無です。
そのため不安定に思われがちなタクシー運転手の年収ですが、平均は300万ほどで上を見ると1000万円を超える人もいます。
自分のやる気次第で大きな収入を得られるのも魅力です。
タクシー運転手に応募する際は、その会社の給料形態を確認することが重要です。
自分が稼いだ中から何割かを会社に収めることになりますが、その割合によって給料が大きく変わります。
平均は4割程度といわれています。
タクシー運転手になってから10年間を無事故無違反で過ごすと、個人タクシーの資格を取る事が可能です。
車両本体やガソリン代などの経費は自分持ちとなりますが、稼いだ報酬を会社に収める必要がなくなるので、給料も大幅に増やす事が出来ます。
その他に会社を選ぶ基準としては、福利厚生などがしっかりとしているか調べるのがいいでしょう。
車を運転しているとついて回る事故ですが、その時に事故補償をしてくれる会社だと働いていても安心感があります。
また、2種免許を取得する際の費用を負担してくれる会社もあるので、現在資格を持っていない人には大きなメリットになります。
求人情報誌やインターネットのサイトには、そのあたりのことが詳しく掲載されているので、参考にすると大いに役立ちます。

給与形態の種類について

タクシー

自分の腕と地理感覚などで稼ぐイメージがタクシードライバーですが、実際にどうような給料システムになっていて、いくらぐらいの稼ぎがあるものなのでしょうか。
タクシードライバーの給料は歩合制になっているのはよく知られている事ですが、基本給というのも存在します。
基本給(固定給とも呼ばれます)には家族手当や住宅手当が含まれています。
基本給+歩合給は売り上げが少なくても基本給があるから大丈夫だと思えますが、基本給がある分、歩合率が低く設定されています。
最低賃金は保証されているけど、頑張って売り上げを伸ばしても思ったほど給料が出ないという結果になります。
また、タクシー業界が不況でも基本給の部分を物価上昇などの影響を受けて上げざるをえないというリスクもあり、現在ではこの給与形態はほとんど見なくなっています。
よく知られているのが完全歩合です。
頑張って稼いだ分、給料がアップするというもので、タクシードライバーの取り率は売上の60%前後が相場になっています。
地方などは売上の約40〜50%となっている所もあるので、応募の際には確認が必要です。
自分の頑張りが給料に反映しますのでやりがいはありますが、やり方によっては稼げない事もある給与形態といえます。
歩合給に賞与が付くという、上の2種類の形態を合わせて割ったような給与形態もあります。
例えばあるタクシー会社では売上の50%を給料として支給して、10%〜15%をプールして年に数回賞与という形で支給します。
この形態は積立金がまとまって受け取れるので、ローンや貯蓄の計算も立てやすい事もあり、多くのタクシー会社が採用している方式となっています。

自分のペースで働ける仕事

タクシー乗り場

数あるタクシーの求人の中から情報だけで理想の職場を見つけるのは難しいかもしれません。ドライバー専門の求人サイトなどを利用すれば条件を設定して求人をピックアップすることができるので理想の職場が見つかりやすいでしょう。

もっと読む

いつものあの車が実は

ミニカーと人形

タクシードライバーの仕事は一般の職業と比べても給料面で遜色がなく人間関係をあまり気にしなくてもよく、勤務にある程度自由が利くため、最近では20代、30代の若者にも人気がある職業になっています。タクシードライバーの仕事が薄利でキツイだけというイメージはどんどん変わってきています。

もっと読む

乗務員の魅力

運転手

個人のペースで働くことができるタクシードライバーは未経験でも雇ってもらえることが多いので中高年の転職先としても高い人気を誇ります。求人によって条件が大きく異なってきますので自分にとってベストな会社を選ぶためにはリサーチも必須です。

もっと読む