タクシー運転手なら給料アップ【応募してみる】

いつものあの車が実は

ブラックなイメージは皆無

ミニカーと人形

町のいたるところで見かけるのがタクシーです。
そのタクシーを運転する運転手の給料がどんなものか想像したことはありますか。
もしかすると、漠然とタクシードライバーの仕事は給料が低い、中高年が多い、そして危険な仕事だと思っていませんか。
実は最近、そのタクシードライバーにちょっとした変化が起こっています。
先ほどタクシードライバーには、中高年が多いイメージがあるという話をしました。
しかし、実は最近は20代、30代といった比較的若いタクシードライバーが増えてきています。
その理由ですが、タクシードライバーは複雑な人間関係に悩まされない、勤務にある程度自由が利く、そして頑張れば月収50万円の給料が目指せるからといわれており、これら条件が最近の20代、30代のニーズに合っているかだといわれています。
もちろん良いことばかりではありません。
タクシードライバーは一回の勤務時間が長い、売り上げが上がらなければ給料は無い、そして交通違反や交通事故というリスクがあります。
もちろん、タクシー会社の方も全面的にバックアップしてくれるので、仮に事故を起こしたとしてもタクシードライバー自身が全面的に全てを被るわけではりません。
しかし、一時的に運転できない状況が発生することにより、給料が下がることが考えられます。
ただし、そのようなリスクがあったとしても他の会社で人間関係に疲れた方や勤務にある程度自由を利かせたい方、そして何よりも比較的自由が利く割に、そこそこ給料が高いという最大のポイントがあります。

稼げる場所で働く

TAXI

タクシーの運転手であれば、仕事を始めてから短期間で600万円もの給料を稼ぎ出す人もいます。
ただ、これだけの給料をもらうのは簡単ではありません。
誰でもタクシー会社に就職をすれば、600万円以上も稼げるというわけではありません。
これだけの給料をもらっている人はタクシー会社の中でもほんの一部でしょう。
それなら、自分では無理と感じるかもしれませんが、いくつかのコツがあります。
最も重要なコツの一つが働く場所を選ぶことです。
タクシーはお客さんを多く乗せてこそ給料も増えます。
タクシー会社によっては給料が定額といったところもありますが、歩合であればこの多く乗せることがポイントです。
しかし、人口の少ない地方であったり、そもそもタクシー需要が少ないような地域では、いくらお客を乗せたいと思っても稼ぐことは難しいでしょう。
短期間でタクシーで稼ぐには、都会のように多くの人が集まり、タクシー需要も多い地域で働く必要があります。
タクシー会社によっては寮を完備しているところもあります。
単身寮だけでなく、家族寮もあり、今地方に住んでいて短期間で稼ぎたい人には、このような会社に就職するのが良いでしょう。
いくらやる気があっても働く場所が悪いのでは短期間で稼ぐのは難しいです。
自分の目的に合った場所で仕事をすることが重要です。
また、タクシーの運転手になるには、普通第二種免許が必要です。
会社によっては、免許取得費用を負担してくれる場合もあるので、第二種免許を持っていない人でも応募可能です。

法人と個人の違い

TAXI

タクシードライバーとして働こうとする際には、基本的な知識が必要になります。
まずタクシーには法人タクシーと個人タクシーという種類があり、会社形態で運用しているタクシーを法人タクシーと呼び、ドライバー個人が所有している車両で営業を行う場合を個人タクシーと呼びます。
大きく違うのは給料形態で、法人の場合は一日に得た売り上げのうち決められた割合を会社に渡し、残りの部分が自分の手に残る給料となります。
個人の場合には会社に属さずに営業しているので、売り上げが丸々手元に入ることになり、給料の大幅アップが可能です。
しかし、個人タクシーの資格を得るためには、長年の勤務経験や10年間、事故や違反を起こさないなどの厳しい条件があります。
最初は法人タクシーに乗車することになりますが、その際の勤務時間は一日平均で15時間から18時間程度になります。
数字だけ見ると激務のようですが、実際には間に2,3時間の休憩をとることも出来ますし、客を乗せていない時間は待機となります。
また、運転することのできる上限時間もあるので、連続しての勤務は無く、ひと月の半分以上は休日をとる事が出来ます。
求人状況としては年間募集しているところが多く、必要な資格も普通免許だけという会社も多く存在します。
タクシードライバーとして働くためには、第二種免許が必要ですが、それらを取得する際にかかる費用を負担してくれて、その間の給料の保証がある会社も存在するので、知識として覚えておくと良いでしょう。

自分のペースで働ける仕事

タクシー乗り場

数あるタクシーの求人の中から情報だけで理想の職場を見つけるのは難しいかもしれません。ドライバー専門の求人サイトなどを利用すれば条件を設定して求人をピックアップすることができるので理想の職場が見つかりやすいでしょう。

もっと読む

いつものあの車が実は

ミニカーと人形

タクシードライバーの仕事は一般の職業と比べても給料面で遜色がなく人間関係をあまり気にしなくてもよく、勤務にある程度自由が利くため、最近では20代、30代の若者にも人気がある職業になっています。タクシードライバーの仕事が薄利でキツイだけというイメージはどんどん変わってきています。

もっと読む

乗務員の魅力

運転手

個人のペースで働くことができるタクシードライバーは未経験でも雇ってもらえることが多いので中高年の転職先としても高い人気を誇ります。求人によって条件が大きく異なってきますので自分にとってベストな会社を選ぶためにはリサーチも必須です。

もっと読む